アルギニンはこのような方に特におすすめします!


              【目次】

1)生活習慣が乱れていて生活習慣病が心配な方

2)生活習慣病でお悩みの方

3)女性と男性の更年期障害

4)老化が心配な方

5)老化による病気でお悩みの方

 

6)アルギニンの飲み方

 

 

  アルギニンは、いろいろな生活習慣病に、あるいは老化や老化による病気にすぐれた予防効果や改善(治療)効果が期待できるため、また、生体必須成分で安全性も高いため、生活習慣病が心配な方、生活習慣病でお悩みの方、更年期の女性と男性の方、老化が心配な方、老化による病気でお悩みの方たちにぜひおすすめしたいサプリメントです。


1)生活習慣が乱れていて生活習慣病が心配な方

  ついつい食べ過ぎてしまう肥満気味の方や肥満の方、肉や油を使った食べ物が大好きで毎日食べている方、アルコール飲料を飲み過ぎる方、タバコがやめられない方、運動不足の方、睡眠不足の方、生活が不規則な方、多忙でなかなか休養できない方、ストレスの多い生活をしている方などのように生活習慣が乱れている方は、見かけ上は健康でもすでに生活習慣病に蝕まれつつある生活習慣病予備軍といえます。このままではいずれ生活習慣病に悩まされることになります。それを防ぐための最善の方法は生活習慣を見直し、健康的な生活を送ることですが、飽食な食生活、つきあい社会、ストレス社会、便利な車社会、夜型生活、多忙な生活などの文明生活にドップリつかっている現代人には、これを実行することはなかなか難しいことのように思われます。その裏返しとして、世の中かってないほどの健康ブームですが、情報が氾濫し過ぎて、どういう健康法が自分の体にとってもっとも良いか分からないという方が多いのではないでしょうか。

  そこで、私がおすすめしたいのがアルギニンです。生活習慣を少しでも見直す努力をすることは最も大切な健康法ですが、それに加えアルギニンを毎日摂取することで生活習慣病の効果的な予防が期待できます。

  アルギニンは、私たちの体の中で、生活習慣の乱れなどによって体が異常を起こしたり病気になるのを防いでいると考えられており、アルギニンが足りなくなると生活習慣病などの病気になりやすくなると言われています。そのため、生活習慣が乱れていて生活習慣病が心配な方に、アルギニンは特におすすめしたいサプリメントです。


2)生活習慣病でお悩みの方

  アルギニンは、糖尿病、糖尿病合併症(腎症、網膜症、神経症など)、動脈硬化、動脈硬化性疾患(狭心症、閉塞性動脈硬化症など)、高血圧、心不全、ED(勃起不全)、認知症、骨粗鬆症、アルコール性肝障害などの生活習慣病に効果が期待できます。特に、糖尿病合併症、動脈硬化、動脈硬化性疾患など昨今たいへん問題になっていて、効果的な治療薬があまりない血管病の予防・改善にすぐれた効果が期待できます。そのため、これらの血管病でお悩みの方、あるいはこれらの病気の危険因子である糖尿病、高血圧、高脂血症、肥満、喫煙習慣などをお持ちの方で、これらの血管病になるのを防ぎたい方に、アルギニンを特におすすめします。

  アルギニンは、生活習慣病を患っている人の体の中では必要量が不足していると考えられています。このアルギニンの不足が病気を発病させたり悪化させていると言われています。そのため、生活習慣病を防ぎ、また、改善するために、アルギニンの毎日の摂取をおすすめします。


3)女性と男性の更年期障害

3-1)女性の更年期障害

  女性の更年期障害とは、卵巣の働きが衰え、消失していくことによる女性ホルモン(エストロゲン)の分泌低下が原因です。更年期障害には短期障害と長期障害があります。短期障害とはいわゆる世間で更年期障害といわれているもので、閉経の前後数年~10年程度の期間にでる症状で、のぼせ、発汗、肩こり、頭痛、不眠、冷感、めまい、精神不安、動悸、腰痛、倦怠感、疲れやすい、うつ状態、しびれ感、下腹部痛、関節痛、耳鳴り、記憶力低下、脱力感など様々な症状があります。一方、長期障害とは、短期障害がおさまる頃に徐々に出てくるもので、骨粗鬆症と動脈硬化の進行による心筋梗塞や脳卒中などです。短期障害は短い期間で終わりますが、長期障害は死ぬまで続き、命にかかわります。

  アルギニンは短期障害のうち、肩こり、頭痛、不眠、冷感、めまい、精神不安、動悸、腰痛、倦怠感、疲れやすい、うつ状態、しびれ感、関節痛、記憶力低下、脱力感などに効果が期待できますが、個人差、飲む量(アルギニンの摂取量は1日10g程度までは試してみてください。効果が出始めたら1日4g程度まで下げてもいいです)、飲む期間(1~3ヶ月くらいまでは試してください)などによって効果の出方も変わってきます。長期障害については、骨粗鬆症と動脈硬化の両方に効果が期待できますので、これらの病気を防ぐためにずっとお飲みになることをお勧めします。なお、女性は55歳程度以上になると骨粗鬆症や動脈硬化が急速に進行します。女性の多くは骨粗鬆症による骨折で寝たきりになる危険が男性よりはるかに大きいです。また、女性の多くは動脈硬化性疾患で亡くなります。

3-2)男性の更年期障害

  男性の更年期障害は最近いろんなところで取り上げられていますのでご覧になった方も多いと思います。原因は男性ホルモンの不足によります。女性は閉経になると更年期障害といわれるいろんな症状が出ることが知られています。これは卵巣の機能低下による女性ホルモンの急激な減少がその原因です。最近の調査では男性にも更年期障害があることが知られるようになってきました。男性ホルモンも年をとってくると徐々に低下してきますが、ある程度低下するといろんな不快な症状が出るようになります。この男性ホルモンの減少はどんな男性にも起こりますが、その程度には個人差があります。その減少を助長するのにストレスがあります。そのためストレスが大きい人の方が更年期障害になりやすいようです。つまり、職場の人間関係、異動、リストラ、家庭問題などのストレスが引き金になることも多いようです。

 

●男性の更年期障害の症状(札幌医大名誉教授熊本先生による)
 
①体調がすぐれず、気難しくなる
②不眠に悩んでいる
③不安感や寂しさを感じる
④くよくよして、気分が沈む
⑤ほてり、のぼせ、多汗がある
⑥動悸や息苦しさを感じる
⑦めまい、吐き気がある
⑧疲れやすい
⑨腰痛、手足の関節の痛みがある
⑩頭痛、頭重、肩こりがある
⑪手足がこわばる
⑫手足がしびれる
⑬早朝勃起が少なくなる(ED)
かなりあるが3項目以上あるか非常に辛いが1項目以上あれば男性更年期の可能性がある。
 
 
●治療
 
  治療は、ストレスをできるだけ受けないようにし、休日にはリラックスし、バランスの良い食生活、適度な運動、十分な睡眠など規則的な生活をします。それでも改善しないときは男性ホルモンの補充療法を行いますが、副作用(前立腺がんなど)が心配です。
 
 
●アルギニンの男性更年期障害改善効果
 
  アルギニンは、男の更年期の症状の多くに改善効果が期待できます。アルギニンの摂取によって、疲労の回復、元気回復、不眠の解消、不安感の解消、痛みの改善、肩こりの改善、手足のしびれの改善、早朝勃起やEDの改善などの症状の改善が期待できます。アルギニンは男性ホルモンと違って安全性が高く副作用の心配はほとんどありません。
 
 
4)老化が心配な方

  老化ではアルギニンの各組織での働きが低下しており、これが老化を引き起こしたり促進すると考えられています。また、アルギニンを補充することで老化や老化による病気のいくつかを予防したり改善することが示されています。このように、アルギニンは老化あるいは老化による病気が心配な方に特におすすめしたいサプリメントです。

  人は年をとるとほとんど例外なくいろいろな老化現象に悩まされることになります。白髪になる、毛が薄くなる、顔にシミやシワがでる、肌の潤いがなくなりかさつく、物忘れしやすい、記憶力が低下する、見づらくなる、目が疲れやすい、耳が遠くなる、歯槽膿漏になる、体力が低下する、腰痛や関節痛になる、骨折しやすくなるなど、私たちが自覚できるものだけでもさまざまの老化現象があげられます。また、病院などで検査しなくては自覚できないものとして、私たちの体の中では例えば血管や骨では動脈硬化や骨粗鬆症などの老化性疾患が進行しています。このような老化現象は、年をとることによって体の中のいろんな組織や臓器の働きが衰えた結果生じてくるものなのです。例えば、上に述べた老化現象は、毛をつくる細胞、皮膚、脳、目、耳、歯、筋肉、関節、骨、血管などの機能が老化によって衰えることで現れてきます。

  アルギニンは、顔のシミやシワ、乾燥肌、物忘れや記憶力の低下、歯槽膿漏、筋力の低下、腰痛や関節痛、骨折、骨粗鬆症、動脈硬化などの老化や老化による病気を予防することが期待できますので、老化や老化による病気が心配な方に毎日の摂取をおすすめします。


5)老化による病気でお悩みの方

  老人に多い病気には、認知症、白内障、歯槽膿漏、骨粗鬆症、変形性関節痛、動脈硬化、動脈硬化性疾患、心不全、高血圧、糖尿病、高脂血症、尿失禁などがあげられます。アルギニンは、これらの病気の多くを改善(治療)することが期待できますので、これらの老化による病気でお悩みの方にぜひおすすめしたいサプリメントです。

 

6)アルギニンの飲み方

 
  生活習慣が乱れていて生活習慣病が心配な方、生活習慣病でお悩みの方、更年期の女性と男性の方、老化が心配な方、老化による病気でお悩みの方のためのアルギニンの飲み方として進化型・次世代型「スーパーアルギニンサプリメント」を、アルギニンとして1日1g程度の摂取(1日2回程度に分け摂取)から始め、改善の状況を見ながら摂取量を加減します。症状の程度が強い場合は1日2g程度の摂取をお勧めします。

アルギニンはこのような方に特におすすめします

トピックス

●2021年9月30日
★アルギニンが新型コロナウィルス感染症を改善することが示されました。

トピックス

●2020年7月27日
★本日、アルギニンで初めて、アルギニン(単成分)を機能性関与成分とする機能性表示食品(弊社開発品)の届出が受理されました。

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ・相談予約

043-301-3073

営業時間:平日9:00~18:00(土曜、日曜、祝日、年末年始を除きます)

フォームでのお問合せ・相談予約は24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

代表者ごあいさつ

古賀 弘

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。 

お客さまの声

アルギニンを摂取された方の体験記を掲載しております。

ご注意(重要)

本ホームページご利用に当たってのご注意

◎ご利用にあたって

本ホームページにおける「アルギニンの働き」を利用されるにあたり、専門家(医師、看護師、薬剤師)にご相談されることを強くお勧めします(弊社薬剤師または看護師にご気軽にご相談ください。)。

◎本ホームページの目的および引用データについて

本ホームページは、世界的に発表されたアルギニンの最新文献をもとに、アルギニンの最新情報をお届けするものです。そのためそれらのデータに関する最終責任は該文献著者に存在します(引用文献として示してあります)。データに関する疑義は弊社または該文献著者にお問い合わせください。